カテゴリー別アーカイブ: これまでの活動報告

12月6日に、大分県宇佐市上院内のスカウトハウスで、
大分県シェアリングネイチャー協会のフォローアップセミナーを日帰り1日で開催しました。

講師は、長崎県より浦田トレーナーにお越しいただき、
里山の自然を味わい尽くす1日となりました。

大分県協会では、年に1回のフォローアップセミナーと、リーダー養成講座を実施しています。フォローアップセミナーは、ネイチャーゲームリーダーのためのセミナーです。
新しいアクティビティの体験、それから、よりよい自然案内人になるための講座が開催されます。

来年も楽しみです^^/

【掲示FS2015大分20151206】H27フォローアップセミナー

[活動報告]葉っぱとつみ木で遊ぼう!(2013.10.5(土)9~12時)

☆由布くぬぎの森シェアリングネイチャーの会からの活動報告です☆

あいにくの雨となり、室内で活動しました。予め用意した葉っぱを子ども達の前に並べ、色づいたカキとヤマザクラの葉を探してもらい、その違いを調べました。ツルツルやザラザラを触感で感じてもらい、鋸歯の有無等区別する方法を伝えました。残る他の11種類、計13種類の葉っぱを子ども達に見つけることを行いました。「木の葉のカルタ、13枚のカード」作りです。
同じ木の葉っぱでも大きさや色が異なるモノもあり、難しいかなと思いましたが、そんな不安をかき消すようにバンダナの上に並べてくれました。すごい!全員が完成です。大きい葉のユズリハや小さい葉のイロハカエデ。木ではない竹の葉も子ども達の方が良く分かっていました。「竹は稲の仲間だよ。」と言うと、驚いていました。
13種類の葉を使って「落ち葉の窓」を作りました。直径3cmの円が6つ空いた箇所に各々気に入った葉をテープで固定します。中には、穴よりも小さなカエデや竹の葉を何枚も重ねて作った人もいて様々な作品ができました。皆さん、蛍光灯に向けて作品を楽しんでいました。
おやつタイムで、クリとカキを皆さんでほおばり、次に2チームに分かれて2,000個のつみ木を使って森を作りました。2チームの真ん中に山道をロープでつくり、完成した森の間を「アニマルウォーク」して相手のチームにどんな動物になったかを当てることをしました。
あっという間の3時間で片付けもきちんとできました。
いろんな葉っぱやヒノキのつみ木に触れさせることができ、秋の味覚を堪能して満足そうでした。

※13種類の葉(ロウバイ,イロハカエデ,アジサイ,オオデマリ,ツバキ,ナツツバキ,クワノキ,ユズリハ,キンモクセイ,タケ,ヤマザクラ,カキ,ハナモモ)

2013年リーダー養成講座終了しました!

9月21日-22日の2日間で、
ネイチャーゲームリーダー養成講座を開催しました!

10人の新しいリーダーが仲間入りです☆
兵庫から来てくださった阿部トレーナーのもと、
講習の最後は、すっかりみなさん「自然案内人」となっていました^^

講座と言っても、実習の中で、
新しい自然の楽しみ方を発見し、
充実した2日間だったようです☆

さあゆけ!ネイチャーゲームリーダー!

次回の、開催は来年になります!
次は2月のフォローアップセミナーでお会いしましょう♪
(詳細は後日お知らせします)

アナンダ村訪問レポート(2009年)

大分県のネイチャーゲームリーダーである首藤さんが2009年5月にアナンダ村で30周年記念のトレーニングと国際会議に出席されました。
そのレポートを首藤さんが作成してくださいましたのでこちらに掲載します。

レポートは以下のファイルからご覧いただけます♪

Sharingnature Training and Retreat Week